公式ブログ

スキンケアの役割って知っていますか?正しいスキンケアで効率的に美肌になろう!(1)クレンジング・洗顔編

皮膚科治療 2021.03.11

こんにちは!レグノクリニックの公式ブログをご覧いただきまして有難うございます。

日々みなさん、朝晩とゼオスキンやMTメタトロンなどさまざまなスキンケア用品を使用され、美肌を目指されている事と思います。

 

しかしその化粧水や美容液、適当につけたりしていませんか?

 

実はスキンケア用品には、似たようでいてそれぞれ大切な役割があります!
間違った順番で使用しているとせっかくの効果が半減してしまう可能性もありますので、しっかりその役割を理解して効率的に美肌を目指しましょう。

 

今回は第1回目として、クレンジングと洗顔の役割と違いについて解説していきます。

 

 

クレンジングと洗顔の役割と違い

 

 

まずクレンジングと洗顔には共通して、「肌を清潔にする」という役割があります。
1日過ごしたお顔にはほこりや汗、皮脂、メイク汚れなどがついており、これらをすっきり清潔にして次に使用する化粧水や美容液を適切に作用させるための大切なステップです。

 

しかしこれだけだとクレンジングと洗顔の違いっていまいちピンときませんよね。

 

「毎日クレンジングで汚れを落としているのに洗顔の必要ってあるの?」

 

という疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

そこで両者の違いについてご説明させていただきます。

 

クレンジングの役割

 

 

まずクレンジングには、メイクで使用するファンデーション・マスカラ・口紅など油分の多いメイク汚れを洗浄する役割があります。

これら油分の多い汚れは洗顔料では綺麗に落ちないため、必ず合成界面活性剤が配合されたクレンジング剤を使用する必要があります。

合成界面活性剤とは

クレンジング剤に含まれている合成界面活性剤とは、水と油を混ざりやすくする事でメイクなど油分の多い汚れを落としやすくしてくれる成分です。合成界面活性剤が多く含まれているクレンジング程、メイク汚れを落としやすくなります。

 

しかし合成界面活性剤はメイク汚れとともにお肌に必要な皮脂や潤い成分なども洗い流してしまうため、あまり多く含まれすぎていると逆に乾燥や肌荒れなどの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

 

また水やお湯では分解されないという特性があり、すすぎのこしがあるとこれもお肌のトラブルへとつながってしまうため、しっかりとしたすすぎ洗いが重要です。

洗顔の役割

 

 

洗顔には、汗や古くなった角質、皮脂汚れや皮膚に付着した空気中のほこりなどを洗い流し、お肌を清潔にする役割があります。またお肌に残ったクレンジング剤をきれいに洗い流すという効果もあります。

洗顔って1日何回?効果的な洗顔方法とは

1日の洗顔回数は、朝と夜の2回といわれています。

オイリー肌の方や毛穴汚れが気になられている方は、理想回数よりも多く洗顔を行なってしまう場合があるかもしれません。

しかし洗顔のしすぎはお肌に必要な油分まで奪い、乾燥してしまったり逆に皮脂を過剰に分泌してしまうなどのトラブルが引き起こされる可能性があるため、おすすめできません。

 

逆に「夜しっかりスキンケアをして、朝は寝て起きるだけだから朝の洗顔は必要ないのでは?」と思っている方も多いかもしれません。

しかし人のお肌は起きている時も寝ている時も常に汗をかき、皮脂を分泌しています。分泌された皮脂は水やお湯だけではおとしきれないので、きちんと洗顔料を使用して洗浄していく必要があります。

 

また起床時のお肌には、空気中や寝具のゴミやほこり・雑菌などが付着しているため、しっかり洗顔を行うことが大切です。

 

一方夜の洗顔についても「今日は外出もメイクしてないから、洗顔もいいかな」と思われる方がいるかもしれませんが、夜のお肌には1日の汗や皮脂、ほこりが多くついているので、こちらもしっかり洗顔を行う必要があります。

 

 

正しい方法で洗顔してる?NG洗顔方法

 

 

ここまでで、なんとなくクレンジングと洗顔の違いや大切さについてわかってきましたね。
しかしこの大切な洗顔というステップ、「こんな感じで適当にやってる!」と自己流で行なっている方も少なくないはずです。

 

洗顔は間違った方法で続けてしまうと乾燥や肌荒れ・シミ・くすみなどの原因にもつながってしまいます。今からご紹介するNG洗顔方法は避けて、正しくお肌を美しい状態へと導いてあげましょう。

NG洗顔方法その1 1日に何度も洗顔をしている

こちらについては先ほどもご紹介した通りです。
洗顔のしすぎはお肌に必要な油分まで奪い肌トラブルを引き起こす可能性があるため、1日の理想とされている「朝晩2回」の洗顔回数にとどめましょうね。

 

 

NG洗顔方法その2 冷水・お湯で洗顔している

たまに「冷水で洗うと毛穴が引き締まる!」といって冷たいお水で洗顔をされている方がいますよね。しかしこれは逆効果で、冷水で洗顔すると皮脂や角質を十分に洗い流す事ができず、お肌トラブルへとつながってしまいます。

同様に熱いお湯で洗顔する事も、お肌に必要な皮脂や角質を流しすぎてしまうためおすすめできません。熱すぎるお湯は乾燥肌の原因にもなりますので注意しましょう。

 

洗顔時の適切な水温は乾燥肌の方が「28℃」、普通肌の方で「32℃」、オイリー肌の方は「34〜35℃」、混合肌の方が「28〜32℃」と言われています。
ご自分の肌質に合った水温で適切に洗顔を行いましょう。

 

 

NG洗顔方法その3 洗顔にシャワーを使用している

クレンジングと洗顔を入浴時に行っている人は、クレンジング剤や洗顔料を洗い流す際にシャワーを利用する方も少なくないはずです。

しかしシャワーの水圧はお肌の刺激にもなりますし、日々続ける事でたるみなどの老化の原因にもなりますので、避けた方がよい方法です。

 

 

NG洗顔方法その4 洗顔時間が長い

みなさんは洗顔を行う際、どのくらいの時間をかけていますか?なかにはしっかりと汚れを落とそうとするあまり、長い時間を使って一生懸命洗顔を行う方もいるかもしれません。

しかし長時間の洗顔は逆効果!お肌に長い時間洗顔料がとどまると、お肌へ刺激や負担を与えトラブルを招く原因となってしまいます。

 

理想の洗顔時間は約1分とされていますので、これを目安に適切な洗顔を行いましょう。

 

 

 

おすすめのクレンジング・洗顔アイテム

ここまでで大分洗顔やクレンジングの正しい方法がわかってきたと思います。最後にレグノクリニックでお取り扱い中のクレンジング剤、洗顔料をご紹介して締めとさせていただきます。

 

おすすめクレンジングその1 MTポイントメイクアップリムーバー

マスカラや口紅、アイシャドウなどの油分の多いメイク汚れに対してポイント使い出来るリムーバーです。油性成分と水溶性成分の2層からなっており、よく振って使用します。

瞼などの皮膚が薄くデリケートな部分の汚れも優しくするんと落としてくれるため、二重整形のお手術を受けられた方にも、負担が少なくおすすめです。

 

使用方法

使用前によく振り、コットンに500円玉程度の量を含ませて使用します。汚れを落としたい部分に10秒ほど置いて馴染ませたのち、やさしく拭き取ってください。

価格

120ml:3500円(税抜)

おすすめクレンジングその2 MTクレンジング・ジェル

油分を含まないジェルタイプのクレンジング剤です。濃厚なジェルがお肌と手の間でクッションの役割をするため、洗浄時のお肌への負担を軽減する事ができます。
またお肌に必要な油分を奪いすぎず、しっかり汚れを落としてくれるので、しっとりなめらかな洗い上がりです。

 

使用方法

手のひらにマスカット大程度をとり、指先で顔全体に優しく伸ばします。螺旋を描くようにメイク汚れにくるくると馴染ませ、ぬるま湯でよく洗い流してください。

価格

200ml:5000円(税抜)

おすすめクレンジングその3 ゼオスキン ジェントルクレンザー

普通肌・乾燥肌の方におすすめのW洗顔不要のクレンザーです。マイルドな使い心地で、洗い上がりのつっぱり感もなくしっとりしています。毛穴の黒ずみや余分な皮脂を優しく取り除いてくれます。

 

使用のポイント・使用方法

W洗顔不要ではありますが、マスカラや口紅などの強い汚れは落ちにくいため、MTポイントメイクアップリムーバーなどを使用するときれいに落とせます。
あわ立てずに使用した方が高い洗浄力を保つ事ができます。

価格

200ml:5720円(税込)

おすすめ洗顔料その1 MTフェイシャル・フォアミング・ウォッシュ

肌の負担をかけにくい、マイルドタイプの洗顔料です。ふっくら濃密な泡でやさしく汚れをおとしてくれます。

 

使用方法

手のひらに1〜2センチ程の量をとり、洗顔用のネットを使用しあわ立てて使用します。

価格

120g:4800円(税抜)

おすすめ洗顔料その2 MTコロイダル・ミネラル・ウォッシュ

ミネラル成分を配合した洗顔料で、ホイップクリームのような濃密な泡が余分な皮脂汚れに吸着し洗い流します。すっきりとした洗い心地で、ニキビ対策・予防におすすめです。

 

使用方法

洗顔お湯のネットを使用してしっかりとあわ立て、使用します。

価格

100g:4000円(税抜)

 

 

さいごに

かなり長い記事となってしまいましたが、ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!少しでもみなさまの美肌ライフのお手伝いができていれば光栄です。

 

次回はお化粧水の役割や使い方などについてご紹介できればと思っていますので、おたのしみに!

治療一覧ページへ