Regno Clinic SBC
(レグノクリニック)

公式ブログ

HOME /   /  鼻中隔弯曲症の治療をしたら鼻が凹んだ、、、鞍鼻(あんび)変形の治療

2019. 02.06

鼻中隔弯曲症の治療をしたら鼻が凹んだ、、、鞍鼻(あんび)変形の治療

鞍鼻変形を肋軟骨を併用して治療した症例

◆鼻中隔弯曲症の治療

前回お話したように、鼻中隔弯曲症の原因は、曲がってしまっている1階(骨)、2階(軟骨)、3階(骨)のいずれかも部分が曲がってしまっているため、お家の基礎が傾いているということでした。そのため、この鼻中隔弯曲症の治療は、となると原因となっている曲がった骨や軟骨を取り除くということが基本的な治療方針となっています。イメージとしてはこんな感じです。

鼻中隔弯曲症の治療イメージ

どうですか?問題となっている軟骨、骨を取り除くと薄く残された粘膜はカーテンのようにまっすぐになりますね。そうです、これが鼻中隔弯曲症の治療ということになります。ん、ちょっとまってよ。。。曲がってる軟骨とか骨とかはいなくなったけど、全部とって大丈夫なん?そうなんです。ここがポイントになります。曲がっている軟骨などをしっかりと摘出するほうがまっすぐになるわけですが、全部とってしまうと支えがなくなったしまうわけです。そのため、残しておくべき部分というのがあります。

◆支えとして残しておくべき鼻中隔前縁部分

鼻中隔弯曲症、鼻中隔軟骨採取の際に残しておくべき構造

図のように、前方の構成要素である鼻骨、外側鼻軟骨、大鼻翼軟骨の後ろ座さえとしてあるのが鼻中隔軟骨であったり、骨性鼻中隔ということになります。そのため、右図のようにピンクで囲んだ部分を残した方が支えとしての機能が壊れることはないですよ、ということになるわけです。

 

ところがです。じゃぁどれだけ残すの?という話になりますと、人によって強度も違えば、厚みも違う、教科書に7mm残せって書いているものもあれば10mmは最低残すべきといっている人もいる、で、どうなのよ、実際はというところが味噌になるわけです。これは鼻中隔延長をする際に、採取してくる鼻中隔軟骨の量なんかにも関係しているので、耳鼻科の先生のみならず、美容外科の先生もよく知っておくべきだと思うのですが、「答えはありません」ということになるわけです。実際には、何ミリという話よりも、鼻先の重さがどれくらいなのかも違うし、そもそも残っている部分の強度も違うわけでやってみないとわからないということになります。でもそんなわからないで手術されたら、患者さんとしてはたまりませんよね!なので、補強という考え方があるわけです。つまり弱い土台を補強して支えれるようにしますというものです。これは一般的には軟骨の移植をすることで、支えの構造(梁構造)を補強して沈まないようにするわけです。

というわけで理論をきちんと理解していれば鼻中隔弯曲症の手術をしても鼻筋がくぼむ鞍鼻(あんび)変形は起こらないのですが、そのあたりの配慮が不足するとこういった方たちのように鼻筋がなみなみになってしまいます。

◆鼻づまりの鼻中隔弯曲症の治療で鼻筋が凹んでしまった症例

鼻中隔弯曲症術後の鞍鼻変形

上段の方は、典型的なラクダのコブ変形(鞍鼻変形)、下段の方は鼻先の高さが低くなる変形です。一旦こういった変形を生じてしまうと、お家でいうところが液状化現象による地盤沈下みたいなものなので、きちんとした基礎工事からやり直す必要があります。具体的には肋軟骨という胸の軟骨を採取してきてお鼻を綺麗に作り直します。もちろん、ご希望の形も聴きながら、元どおり、もしくはもっと綺麗なお鼻をつくります。

鞍鼻変形を肋軟骨を併用して治療した症例

●肋軟骨の鼻形成。自分の組織のみでお鼻を作ります。プロテーゼなどは必要ありません。術後鼻の空気の通り道も拡がり機能的にも改善します。

施術代金

鼻尖形成術   400,000 円(部分モニター価格 320,000 円)

肋軟骨採取料 550,000円 部分モニター価格 440,000 円)

鼻中隔延長  700,000  (部分モニター価格 560,000 円)

斜鼻修正 400,000  (部分モニター価格 320,000 円)

いずれも施術1年間の修正保証や術後の処置代、定期的な診察代が含まれております。

カウンセリング料

初診料 3,000 

再診料 2,000 

画像検査料

CT検査 +3DMD撮影 1 40,000 

術前シュミレーション料上記に含む

リスク

だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱・咳・冷や汗・胸痛・アナフィラキシーショック・呼吸困難・鼻の違和感・異物感・鼻閉感。お鼻の左右差や、仕上がりがイメージと異なるなどを生じることがあります。

山口 憲昭 医師

この記事の著者情報

Regno Clinic SBC 銀座院 院長

国際美容外科学会会員(ISAPS)/ 日本形成外科学会 専門医/ 本頭蓋顎顔面会会員
日本口蓋裂学会/ 日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会エキスパンダー
インプラント実施医師/ 日本乳癌学会/ 日本美容外科学会(JSAPS) 正会員