公式ブログ

湯澤Dr.の華麗なる症例画像【解説編】

二重・目頭切開・目尻切開 2021.05.04

ダウンタイム中の方も、そうでない方も、皆さまこんにちは

 

早いもので今年のGWも明日で最終日!

 

 

本日は、

前回掲載させて頂いた華麗なる湯澤先生の症例画像の解説をさせて頂きます

↑症例画像も湯澤先生も華麗です

 

 

 

 

最もスタンダードでお気軽にお受け頂ける『切らない二重術=埋没法』

◆症例1:レグノループダブル

 

 

自然な二重からぱっちり平行二重まで!デザインの再現度が高く、お身体への負担も少ない理想的なメニュー「レグノループダブル」の症例写真です。

レグノループダブルとは

レグノループダブルとは、医学的には「経結膜的埋没法重瞼術(二重術)」という埋没法と呼ばれる術式です。瞼の裏側から糸を通し、裏側で糸玉を結ぶため瞼の表面に傷がつかず、結び目のポコつきが気にならない上にデザインの持ちもよく、腫れ・内出血などのダウンタイムも最小限に抑えてくれる、埋没法の中で最も湯澤先生が気に入っている術式です。

 

レグノループダブルについてもっと詳しく知りたい!という方は、こちらのページをご覧ください。

施術の価格(通常料金/税込)

両目:¥299,560

 

 

 

埋没法+切開法でなりたい目元を叶える『複合二重術』

◆症例2レグノループダブル+MD式目頭切開

 

 

埋没法に切開系のお手術をプラスすることで、埋没法だけでは解消することのできない、目元の形や大きさに合わせたデザインを実現することができます。

目頭切開とは

目頭の切れ込みを覆っている蒙古襞とよばれる皮膚を取り除き、白目や涙丘(目頭の赤い部分)を出すことで目の幅を広げ、目と目のバランスを整える術式です。人によっては埋没法だけでは実現が難しい平行二重などのデザインも、目頭切開と組み合わせることで理想に近づけることができます。

目頭切開するなら、MD式がおすすめ!

MD式目頭切開とは「ミニマムダウンタイム式」という名の通り、術式や器具などにこだわり抜くことで腫れ・内出血などのダウンタイムを最大限に短くすることのできる術式です。さらに通常の目頭切開では縫合時に黒糸を使用するのに対し、MD式の場合は透明な糸を使用するため、抜糸前でも術直後から糸が目立つことがありません

 

術後から傷を目立たせず、ダウンタイムを出来るだけ抑えたい!という方にはMD式目頭切開がおすすめです。MD式目頭切開についてもっと知りたい方はこちらのページをご覧ください。

施術の価格(通常料金/税込)

 

MD式目頭切開:¥300,000

目頭切開:¥188,920

 

 

 

◆症例3:レグノループダブル+MD式目尻切開

 

 

目頭切開よりも控えめに、目元の印象変化をごく自然に導くことのできるメニューです。

目尻切開とは

目尻のキワの部分を切開することで、目元をより自然に大きく形成することのできる術式です。つり目や細くきつい目元を解消し、より優しい印象の目元へと導きます。

MD式ならダウンタイムが短い!

MD式目頭切開と同様、MD式目尻切開も極限までダウンタイムを短くした高品質な術式です。MD式目尻切開についてもっと詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

施術の価格(通常料金/税込)

MD式目尻切開:¥300,000

目尻切開:¥188,920

 

 

 

湯澤先生といえば=『レグノループダブル』

と言っても過言ではないほど、実に多くの症例数を誇る湯澤先生

 

 

切るのは怖いけどしっかりぱっちり綺麗な二重になりたい!!

 

 

そう思う方は非常に多いです

そんな時には!

 

 

今回の3症例のメニューがお勧めです

 

 

GWは終わっても、リモートが続く今日この頃…

お気軽にお受け頂けるレグノループダブルで快適HAPPYな日々を是非GETです

 

 

 

Regno Clinic SBC 銀座院
〒104-0061 東京都中央区銀座5‐10‐2 GINZA MISS PARIS 3F
〈 ご予約・お問い合わせ 〉0120-541-450(完全予約制)
営業時間 9:00~18:00

 

治療一覧ページへ