legno-loop-cross レグノクロス法

当院の
レグノクロス法について

レグノクロス法とは

糸の結び方、糸の通し方を根本から改革し、一重に戻りにくくなるよう開発した埋没法です。瞼の皮膚の厚い方、過去に埋没法をして取れてしまった方、幅広い二重になりたい方、極力長持ちする埋没法をご検討されている方などに特にお勧めの施術となります。

一重と二重の違い

生まれつき二重の方の瞼の仕組みを、糸で再現するのが「埋没法」です。

〈 二重まぶた 〉

二重まぶた

〈 一重まぶた 〉

一重まぶた

〈 レグノクロス法の糸のかけ方 〉

レグノループダブル法

レグノクロス法は、二重まぶたの仕組みを、図のように2 本の糸をスクエア型にかけることで再現し、二重を形成します。

スクエア型に糸をかけることで眼瞼内組織への圧を分散させることができ、同時に糸2 本をクロスさせることで極限まで取れづらい埋没法を実現しました。

皮膚のたるみがややある状態のまぶたにも適応することができます。

安心保証制度
糸が取れた時同一幅でかけ直し 一生涯
二重のラインが薄くなった時
同一幅で糸のかけ直し
一生涯
二重の幅の変更 1年間
糸をはずす 1年間

症例写真