legno-loop-single レグノループシングル法

当院の
レグノループシングル法
について

レグノループシングル法とは

瞼の表面に全く傷が付かず、結び目が気にならない、当日からお化粧が可能、また腫れも最小限、持ちもいい という特徴を持つ、医学的には経結膜的埋没法重瞼術(二重術)と言う画期的な埋没法です。

一重と二重の違い

生まれつき二重の方の瞼の仕組みを、糸で再現するのが「埋没法」です。

〈 二重まぶた 〉

二重まぶた

〈 一重まぶた 〉

一重まぶた
レグノループダブル法

レグノループシングル法は、二重まぶたの仕組みを、図のように上眼瞼挙筋に糸を通すことで二重を形成します。

瞼の表面に針を通すことがないので、表面に傷が出来ず、術直後からメイクが可能な、高品質な二重術です。

〈 通常の埋没法 〉

通常の埋没法

糸の玉が皮膚の直下なので、
ボツボツとした糸玉が目立ちます。

〈 レグノループシングル法 〉

レグノループダブル法

まぶたの裏側に結び目がくるので、
まぶたの正面には傷が残りません!

レグノループダブル法との違い

レグノループ法は使用する本数に応じて、シングルとダブルに分かれます。ダブルは使用する糸の本数を、片目2本ずつにした施術となります。シングルよりも二重の持続力が長いことが特徴です。最も腫れづらく、バレづらく、さらに取れづらい埋没法をご希望の方は、レグノループダブル法をおすすめします。

レグノループシングル法

〈 レグノループシングル法 〉

レグノループダブル法

〈 レグノループダブル法 〉

安心保証制度
糸が取れた時同一幅でかけ直し 10年間
二重のラインが薄くなった時
同一幅で糸のかけ直し
10年間
二重の幅の変更 1年間
糸をはずす 1年間

症例写真