prosthesis 鼻プロテーゼ

当院の
鼻プロテーゼについて

鼻プロテーゼによる隆鼻術とは

欧米では肋軟骨や筋膜を使用した鼻背の形成が主流ですが、鼻背が低いアジア人の場合はプロテーゼを使った施術が主流になります。これは韓国、中国、台湾など美容整形が盛んな国でも同様の傾向があります。

プロテーゼによる隆鼻術は、眉間から鼻根部、鼻背、そして鼻尖と理想的なラインを作るために、とても有効な手段で、プロテーゼの選択、デザインと削り出し、挿入するポケットの作成、適した位置への留置し固定することで、理想的な鼻の高さを実現します。

隆鼻術の一連の流れ

①デザインを描く

②鼻の穴の中を切開

③骨膜を剥離し
ポケットを作ります

④プロテーゼを挿入

⑤縫い合わせる

プロテーゼについて

当クリニックで使用しているプロテーゼは、日本の厚生労働省に当たる、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)が承認したハイグレードな医療用シリコンを100%使用し、美容の先進国である韓国で製造しています。

プロテーゼはI型を使用しており、鼻骨の状態に合わせ、お客様の希望になるべく沿う、理想的な鼻筋を作り出すために、適したプロテーゼの選択と削り出しを行っております。鼻背に挿入後は周囲に厚めのカプセルが形成されるため、非常に安定しやすい素材です。

L型プロテーゼは鼻尖部の内側からの圧迫により皮膚の菲薄化や露出、感染のリスクが高いため、
当クリニックでは取り扱っておりません。

ヒアルロン酸との比較

メリット デメリット
ヒアルロン酸

・簡単で短時間でできる
・針を刺すだけの簡単な施術

・術後に浮腫みが数日生じる
・内出血や感染症のリスクあり
・期間が限定的

プロテーゼによる隆鼻術

・理想的なラインを作りやすい
・永続的に維持が可能

・ダウンタイムがある

メリット
ヒアルロン酸 プロテーゼによる隆鼻術

・簡単で短時間でできる
・針を刺すだけの簡単な施術

・理想的なラインを作りやすい
・永続的に維持が可能

デメリット
ヒアルロン酸 プロテーゼによる隆鼻術

・術後に浮腫みが数日生じる
・内出血や感染症のリスクあり
・期間が限定的

・ダウンタイムがある

プロテーゼによる隆鼻術による
トラブルについて

人工インプラントとなるプロテーゼによる隆鼻術で、まず気をつけなければいけない合併症は感染です。しばしばみられるプロテーゼへの感染は手術時に混入するもので、術後数日で症状を認めます。赤く腫れて熱を持ち、痛みがでてくると感染の兆候です。それらの症状を認めた場合は、早めに医師に相談してください。

プロテーゼによる隆鼻術でサイズ選び、削り出しなどが重要とお話しましたがそれを誤ると、プロテーゼのずれや鼻尖部の皮膚の菲薄化を生じてしまいます。鼻尖部といわれる鼻先に赤みなど異常を認めた場合も、早めに担当医に相談しましょう。

安心保証制度
不整、左右差があり、医師が必要と判断した場合に再施術を行います。 1年間