ptosis 眼瞼下垂

当院の
眼瞼下垂について

眼瞼下垂とは

まぶたの開きが弱い、もしくは悪い状態を言います。
眼瞼下垂になると視界が狭くなってしまうだけでなく、常に眠そうな表情に見えてしまうといった外見上の問題もあります。先天性のものと後天性のものがあり、眼瞼下垂の多くは後天性です。

〈 眼瞼下垂の重症度分類 〉

〈 正常な状態 〉

黒目が8割が見えている

〈 軽度下垂 〉

黒目の7~8割が
見えている

〈 中等度下垂 〉

黒目の半分が見えている

〈 重度下垂 〉

黒目の半分以下しか
見えていない

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂は、眼瞼挙筋という筋肉の働きが弱いために上まぶた(上眼瞼)が下がっている状態です。症状としては、上眼瞼が何らかの原因でひとみ(瞳孔)に上眼瞼がかかってくると視野障害が生じます。
視野障害の他にも年齢層の若い方にとっては美容的な問題も生じてきます。この症状は先天性の方と、ハードコンタクトレンズの長期間使用などによる後天性の方がいます。

眼瞼下垂が起こる仕組み

まぶたの中にある①瞼板(けんばん)とまぶたの筋肉につながる②挙筋腱膜(きょきんけんまく)の接続が弱くなったり外れてしまうと、まぶたを上げる筋肉である③上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)の収縮作用が瞼板に伝わらず、まぶたが持ち上がりにくくなってしまいます。

〈 瞼の構造 〉

眼瞼下垂の施術とは

二重の方は二重のラインに沿って、一重の方は睫毛直上を切り、瞼板から挙筋をはずして縫い縮め、引き上げる力をより強くする方法です。

安心保証制度
不整、左右差があり医師が必要と判断した再施 1年間