regno_secret_lift レグノシークレットリフト

レグノ
シークレットリフト
について

レグノシークレットリフトとは

レグノシークレットリフトは、柔軟性と持続性を兼ね備えた新しいリフティング用スレッドです。

従来の硬い糸とは異なり、柔らかく柔軟性のある特殊な混合スレッドで、引きつれが起こりにくく自然な引き上げが可能。ダウンタイムも少なくなっております。
吸収されるまでの期間は約1 年半と、持続力も格段にUPしました。

また、髪の生え際のみに穴(1穴のみ)を開ける新しい施術法で、顔面に針あとがつくこともなく色素沈着などの心配も解消しました。17Gの鈍芯の針で挿入していくので体を傷つけることもありません。手術痕が気になる方へもおすすめです。

糸について

柔軟性と持続性を両立!

PCL糸

しなやかで柔軟性があるが、
持続性がやや弱い

PLLA糸

強度が強く持続性が高いが、
硬く違和感が出やすい

両方のメリットを合体させたものが
「シークレットリフト」です!

柔軟性:引くつれにくく自然な効果

持続性:持続期間約1年半

強靭なトゲで効果が長持ち

〈 本来のカッティングスレッド 〉

約8倍
大きくなりました

〈 ミントリフトII mini S Flex 〉

今までのスレッドリフトに使用されていた糸は、ほとんどがカッティングスレッドと呼ばれるもので、糸自体に切り込みを入れて肌内部に引っかけていたのであまり強度がありませんでした。

シークレットリフトでは、糸に切り込みを入れるのではなく、バラのトゲのように糸自体にトゲを付けることにより、強度を大幅に上げることに成功しました。強靭なトゲが360度すべての方向についており、強い力で組織を引き上げることができます。

〈 本来のカッティングスレッド 〉

〈 ミントリフトII mini S Flex 〉

従来のカッティングスレッドはトゲの部分から溶けていくため、体内に入ると強度が弱くなってしまいました。
シークレットリフトは糸自体にトゲが生えている形で生成するため、長期間、弱ることなく形を維持することができます。

お肌の傷について

髪の毛で隠れるので、
全く傷口がわかりません

術後の経過

〈 術直後 〉

〈 術後3日 〉

〈 術後1週間 〉

〈 術後1ヵ月 〉

〈 術後2ヵ月 〉

どこが傷か
全くわかりません

〈 術後2ヵ月 〉

どこが傷か全くわかりません

糸の挿入方法

STEP 1

先が鈍芯のスパイナルニードルを希望部位に挿入します。

STEP 2

シークレットリフトをスパイナルニードルに通していきます。

STEP 3

糸を残してスパイナルニードルのみを抜き取ります。

STEP 4

糸の端を軽く引っ張りトゲをひっかけます。

STEP 5

全ての糸を挿入後、顔のバランスを確認し皮膚から出ている糸をカットします。

STEP 6

挿入痕は一点で済むので目立ちません。