rhinoplasty 鼻尖形成術

当院の
鼻尖形成術について

鼻尖形成術とは

だんご鼻を細くシャープな鼻にします。軟骨の広がりを抑えるように糸で留め、余分な脂肪を取り除くことで、すっきりと細い鼻先に生まれ変わります。

だんご鼻の原因

皮膚や皮下組織が厚く、軟骨が小さいことや、軟骨が開いて大きく見えることなどが原因に挙げられます。

理想の鼻先とは?

鼻を正面から見た時の理想的な鼻先のバランスは、この画像のように、鼻筋の延長上の幅とその左右の鼻の幅(鼻翼の幅)が1:1:1 だと、美しい鼻先とされています。
このバランスを測りながら、鼻先をデザインします。だんご鼻で悩まれている方の多くは、鼻の中央の幅が広い場合が多いです。

施術方法について

鼻尖形成術を行う際に切開する部位により切開方法が変わります。

オープン法

鼻柱部分を横に渡りながら鼻腔内を切開して、大鼻翼軟骨が直視下で手術ができるように術野を展開する方法です。鼻尖の形を評価しながら、しっかりとしたフレームワークができ、軟骨移植なども適した位置に行うのに優れたアプローチ方法です。鼻中隔延長術などの鼻中隔をくり抜く作業や鼻骨骨切り術、肋軟骨を用いた鼻尖形成などでは、基本的にこのアプローチ方法が適用となります。

クローズド法

左右の鼻腔内の切開のみで、大鼻翼軟骨を露出して、フレームワークを行う方法です。鼻柱に切開が無いため、傷が表に出ないというメリットがあります。

手順

①団子鼻の状態です

②脂肪が多い場合は取り除きます

③鼻尖を細くするため
大尾翼軟骨を加工します

④左右の大尾翼軟骨を
縫い寄せ、
細い鼻尖を
形成します

⑤細くなった鼻尖の完成です

⑥ご希望があれば、軟骨を
移植して調整します。

安心保証制度
全く変化がない場合、不整、左右差があり、医師が必要と判断した場合に再施術を行います 1年間