trouble お悩みから探す

美容整形でたまご型の顔になりたい

たまご型の顔になりたい

頬とVラインが適切に均整が取れた状態を“たまご型”の輪郭と言います。この状態になるためには、骨格の形成はさることながら、筋肉量や皮膚・皮下脂肪の状態が整っている必要があります。いずれも治療の介入が可能です。

一方で、この輪郭を形成するためには、顔のたるみは大敵となってきます。ただ骨格だけを見るのではないということです。あなたのお顔の状態を術前に正確に診断し、あなただけの理想の輪郭を目指すことができます。

症例写真

【頬骨骨切(糸リフト込)、Vライン形成+外板切除 (術後2ヶ月)】

症例写真ページへ
頬骨骨切(糸リフト込)、Vライン形成+外板切除 施術前
頬骨骨切(糸リフト込)、Vライン形成+外板切除 施術後
痩せたはいいけどゴツゴツする顔をツルッと柔らかい輪郭形成

お顔のサイズ感とゴツゴツした骨格があり、印象としては老け込んでしまう状態でした。この骨の出っ張りを整えていくと、当然若返ったようなつるっとした輪郭になります。なによりお顔の印象が一回り小さくなりますので、そこがポイントです。この手術は、よく韓国で行われている手術と同じ施術ですが、どのラインを切るかで仕上がりが変わって来ます。日本人ですとこのくらいが自然でいいのではないかと思います。

【OGS-TwoJaw-(LeFort(ルフォーⅠ)+ 下顎矢状分割骨切+おとがい形成)(術後3ヶ月)】

症例写真ページへ
OGS-TwoJaw-(LeFort(ルフォーⅠ)+下顎矢状分割骨切+おとがい形成) 施術前
OGS-TwoJaw-(LeFort(ルフォーⅠ)+下顎矢状分割骨切+おとがい形成) 施術後
施術の説明 輪郭矯正(骨切り)では、深部に直接アプローチし、輪郭の土台である骨格を整えます。骨切り以外の小顔術では、ボトックス注射での小顔形成や、脂肪吸引、バッカルファット除去、プロテーゼでの顎形成などの方法があります。
施術の副作用(リスク) だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱・咳・冷や汗・胸痛・アナフィラキシーショック・呼吸困難・感染(化膿)・血腫・創部離開・神経症状・口唇の火傷・すり傷・色素沈着・レントゲン・CT・MRIに対する影響、左右差・へこみ、頬がこける、皮膚がたるむ、皮膚が硬くなる、凹凸などを生じることがあります。
施術の価格 30,000 円~4,500,000 円

こんな方法があります

輪郭矯正・骨切り・小顔

  • ・下顎角形成術
  • ・オプション外板切除
  • ・オプション咬筋切除
  • ・オトガイ形成術
  • ・オトガイ形成術 幅縮小
  • ・オトガイ形成術 短縮
  • ・頰骨形成術(幅寄せ)
  • ・Vライン
  • ・Vライン(幅、短縮含む)
治療一覧ページへ
  • ・ASO上
  • ・ASO下
  • ・ASO上下
  • ・ASO上下おとがい
  • ・エラオプション
  • ・頰骨オプション
治療一覧ページへ
  • ・ルフォーI 上顎骨切
  • ・下顎矢状分割骨切術
  • ・上下顎骨切(Two jaw)
    + オトガイ
  • ・オプション下顎角形成
  • ・オプション頰骨
  • ・オプションオトガイ幅縮小
  • ・オプションオトガイ短縮
治療一覧ページへ
  • ・アラガンボトックス
  • ・バッカルファット
  • ・ベイザー併用 脂肪吸引
  • ・Prostlane inner B
    (部分痩せ注入剤)
  • ・顎シリコンプロテーゼ
  • ・顎PTFEプロテーゼ
治療一覧ページへ
  • ・前額ハイドロ骨削り
治療一覧ページへ

その他(口元)

  • ・人中短縮(リップリフト)
  • ・口唇縮小
  • ・口唇拡大
治療一覧ページへ

まずはお気軽にご相談ください

「たまご型の顔になりたい」場合は、骨格形成だけでなく筋肉・脂肪の状態が整う必要があることは先述の通りです。頬とVラインの均整が取れた美しい輪郭は憧れる方がとても多いです。輪郭矯正(骨切り)のカウンセリングでは適応の治療のご提案とともに、3Dシミュレーションを駆使しながらあなたの理想の輪郭を具体的にしていくことができます。 お顔のたるみの状況なども踏まえながらプランを立てる必要がありますので、まずはカウンセリングへお越しください。