trouble お悩みから探す

美容整形でバレずに印象を変えたい

バレずに印象を変えたい

日本は、世界の中でももっともダウンタイムに厳しい国のひとつです。なぜながら長期休暇がなかなかとれないことに起因しています。また、自分自身を良くしていくことが評価される諸外国に比較して、国民性として奥ゆかしさがあり、外見の変更に対して偏見が未だ色濃く残っているためでもあります。

「バレずに印象を変えたい」という場合、ダウンタイムの少ない、切開を制限する施術や注入系の治療で「なんかちょっと痩せた?」「なんか最近元気そうね?」といった小さな変化をつくることも可能です。また、メスを使わない施術であっても、近年では比較的長期間効果を保てるものも出てきています。出来る自然な変化の度合いを求めるには、注射の注入量や注入位置をしっかり医師と相談しましょう。

症例写真

【タレ目埋没法(術後1週間)】

症例写真ページへ
タレ目埋没法 施術前
タレ目埋没法 施術後
切らないたれ目

切らない、糸だけでタレ目を作るタレ目埋没法で、ここまでグラマラスラインを形成することができます。周りにバレずに目を大きく、優しい印象に変化することができます。

【えくぼ形成(術後3ヶ月)】

症例写真ページへ
えくぼ形成 施術前
えくぼ形成 施術後
場所・形・深さも自由自在。可愛いえくぼで自然に若い印象に

もともとえくぼは、表情筋の分枝があったり、脂肪の欠損があったり、いろんな要素でできますが、これを手術で作れます。皮膚側は切開はせずに口の中からの施術なので、ほぼノーダウンタイムですので、気軽に受けることができます。さり気ない変化ですが、えくぼがあると、明らかに若い印象になります。自然なアンチエイジングです。

【ほくろ移植(術後6ヶ月)】

症例写真ページへ
ほくろ移植 施術前
ほくろ移植 施術後
お顔にホクロを書いている方、タトゥーを検討している方。本物のホクロを作れます

ホクロ移植はあまり聞かないかもしれませんが、実はできます。ごく自然でもちろん、普通の生活していて問題ありません。お顔を本気で全ての分野をカバーしようと思うと、こういった小技もポイントになります。ちょっとイメチェンしたい、ここにほくろがあったらいいな、を叶えることができます。

施術の説明 二重・目元/メスを使用して切開を行う切開法二重術と、糸をまぶたに埋め込む埋没法二重術があります。その他、目頭切開や目尻切開などの目を大きくする施術があります。
しみ・ほくろ/外用薬や内服薬、レーザーを用いて、しみの治療・若返り治療を行うほか、ほくろを作りたい箇所に移植することができます。
その他(口元)/えくぼを形成したり、唇を拡大・縮小したり、口角を上げる、鼻の下を短くすることができます。
施術の副作用(リスク) だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱・咳・冷や汗・胸痛・アナフィラキシーショック・呼吸困難など。
二重・目元においてはゴロゴロする、左右差があると感じる、希望と異なると感じる、目頭の開きが足りないと感じるまたは開きが大きすぎると感じる、平行型の二重にならない、傷痕が気になるなど。その他口元においては、糸が露出する・傷口の先端のふくらみ・盛り上がり・左右の大きさ、厚さが違うなどを生じることがあります。
施術の価格 二重・目元/ 100,000 円~650,000 円
しみ・ほくろ/7,000 円~250,000 円
その他(口元)/20,000 円~500,000 円

こんな方法があります

二重・目元

  • ・ポイントロック法
  • ・ループロッキング法
  • ・トランスC法
  • ・トランスCクロス法
治療一覧ページへ
  • ・タレ目埋没法
治療一覧ページへ

しわ・たるみ

  • ・Voluma
  • ・Volbella
  • ・Vital light
治療一覧ページへ
  • ・アラガンボトックス
治療一覧ページへ

  • ・埋没鼻翼縮小法(切らない鼻翼縮小)
  • ・埋没鼻尖形成
治療一覧ページへ

輪郭矯正・骨切り・小顔

  • ・アラガンボトックス
  • ・Prostlane inner B(部分痩せ注入剤)
治療一覧ページへ

その他(口元)

  • ・えくぼ形成
  • ・アラガンボトックス
治療一覧ページへ

しみ・ほくろ

  • ・トレチノイン+ハイドロキノン(外用薬)
  • ・しみ・肝斑セット
治療一覧ページへ
  • ・ほくろ移植(1箇所)
治療一覧ページへ

まずはお気軽にご相談ください

「バレずに印象を変えたい」という希望を叶える施術も様々ですが、ヒアルロン酸やボトックスなどの注入系治療や切らないレーザー治療などは昨今ではごく当たり前に行われるようになってきました。 お悩みの箇所によってそういった手軽な治療の中から何が適応なのか変わってきます。
少ないダウンタイムで、自然かつ求める効果を出せる治療は何か、カウンセリングで一緒に考えましょう。